HOME >カウンセリングルーム紹介 >カウンセラー紹介

カウンセラー紹介

有馬 佐知子カウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 これまで精神科領域、地域保健領域、産業保健領域において心理療法、心理検査、集団精神療法などの業務に携わってまいりました。
自由に話していただく中で、来談者の方が自分自身への理解を深め、自己回復力を発揮できるようお手伝いができたらと考えております。
 
石井 洋美カウンセラー [臨床心理士・公認心理師・ストレスチェック実施者]
 これまで教育領域、精神科領域において、発達相談・教育相談・子育て支援・心理査定・心理療法・心理学講師の業務に携わってまいりました。
現実の困難や痛み、苦しみや不安に圧倒され、受け入れることが難しくなっていくと、人の心は枯渇して疲弊して活力を失ってしまいます。
心の中は入り組んでいて、とても複雑なので、まず心に浮かぶ事を自由にお話ししていただくことを通して、静かに慎重に、心の内なる世界に何が起きているのか、共に耳を澄まして、じっくりと見つめ、自己と深く出会い、理解を深めていくことを通して、心がのびのびと、活き活きと自由に成長していけるようなお手伝いをしていきたいと思っています。
 
河原 智子カウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 大学院在籍時より国立精神・神経センターで研修。その後は単科精神病院に約8年常勤勤務し、現在は学生相談室で大学生の相談に応じたり、大学の心理学科付属の心理相談室で院生のスーパーヴァイズをしたりしながら親面接を行なっております。
カウンセリングのオリエンテーションはユング派分析家のスーパーバイズと教育分析を受けており、夢や描画などのイメージを用いてより深い内面の感情や取り組むべき人生の課題について理解を深めることを目指します。ユングによれば40代前半までは親からの自立と家族作り、社会適応に関する課題が精神症状の中核であり、後半(人生の正午過ぎ)は人生をどのように終えていくかが心理的テーマに移るとされています。これについては私自身も人生の半ばを少し超え思い当たるところが多いにあります。
学校や職場で人間関係がうまくいかない、家族との関係に悩んでいる、自分はこんなはずではなかった、私の人生このままでいいのだろうかとお悩みの方には、是非一度立ち止まっていただき、一緒にワークすることで“なりたい自分”を見つける一助としていただければと思います。
 
島田 祐子カウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 これまで、精神科領域、産業領域、教育領域において、心理検査、サイコセラピー、カウンセリング、採用・調査研究などに携わって参りました。
その間個人的には、マザーテレサの「愛はまず家庭から」と言う言葉に惹かれ、出産・育児のためにしばらく家庭で過ごしました。子どもたちや家族を通し、多くの人々との出会いがあり、人生の幅が広がったと思っています。
最近では、交流分析を専門的に学び、交流分析の理論や技法使ったサイコセラピーやカップルカウンセリングを行っています。
I am OK. You are OK.の立場に立って、ありのままのご自身が本来持っている力を発揮し、自分らしい生き方に向かって新しい一歩を踏み出すお手伝いが出来ればと思っています。
 
宮坂 美穂カウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 総合病院精神科、精神科クリニックならびに教育現場で心理検査、心理療法の経験 を積んでまいりました。 迷いや悩みは誰にでもあります。時として、すぐに問題解決されないこともあります が、それらを言葉にして伝えることで、糸口が見えたり、気づきにつながることはよくあることです。
問題解決へのプロセスをともにすごし、お手伝いできたらと思っております。
 
山脇 澄子カウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 大学病院、精神科クリニックといった医療現場を中心とし、学校での勤務も経験してまいりました。 どうしようもなく疲れてしまったとき、生きづらさを感じるようになった時、よりクリエイティブに生産的な生き方をしたいと思った時・・・。  
本質的な生きやすさや問題解決につながるよう、ご一緒に時間を過ごしていけたらと思います。
 
高梨 奈保カウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 これまで医療・教育・産業分野において心理臨床経験を20年程積んでまいりました。精神科病院、クリニック、教育相談室、スクールカウンセラー、EAPと様々な場において、一人一人の相談者の方の声に耳を傾け、共により良い人生に向けての道を探してきました。
カウンセリングとは語ることを介して、自分らしさを見つけることのように考えています。 立ち行かなくなっている場から一歩踏み出すために、カウンセリングという手段を使って頂けたらと思います。
 
馮(ヒョウ) えりかカウンセラー [臨床心理士・公認心理師]
 私はこれまで医療領域、私設相談室において心理療法、心理検査、また自治体において組織で働く人々を対象とした心理相談、復職支援に携わってきました。現在は、精神科領域のほか、大学での学生相談にも従事しています。
まずお困りのことやその背景についてじっくりとお話をうかがい、心理療法でどのようなことをやっていくかについてご一緒に検討することから始められたらと思います。一人ではどうにもならないと感じられることもご一緒に考えれば少しずつ道が開けるということもあるかもしれません。 「自分を変えたい」「自分についてゆっくり考えたい」という方に、微力ながらお役に立ちたいと思います。
 


江戸時代に移築された神楽坂毘沙門天。お祭りなどの行事が盛んに行われています。


» ホームページに戻る